CLOSE
採用情報

社員紹介

当たり前のことを当たり前に行うことが、会社を支えるチカラとなる。

現在の仕事内容を教えてください。

西畑 亮

情報システム部に所属し、システムの保守や運用を担当しています。システムとは主に売上や仕入れ、生産管理や人事など、会社のさまざまなデータを管理するもので、私は主に東南アジアの海外現地法人向けのシステム開発全般に携わっています。基本的には国内向けのものをベースにしているのですが、国によって法律や商習慣が異なります。例えばインドネシアだと、日本とは異なり、取引ごとに請求書を発行するなど、いかにその国に適したシステムを提供できるかが求められます。
システム開発は、要件定義から設計、プログラミング、テスト、運用、保守まで全て社内で完結。全体の流れを把握しながらつくることができるので、やりがいがある一方で知識も多く求められます。入社時はほとんど知識がなかった私ですが、システム研修やOJTなどを通じて勉強し、今では後輩への教育を行うまで成長できたことに驚きと喜びを感じています。

仕事のやりがい、喜びを教えてください。

システム開発と聞くと、パソコンに向かって黙々と作業をこなす姿を想像する人が多いと思います。しかしもっとも大切なのは、「社員がどれだけ便利で快適にシステムを使えるか」を考えることです。そのために、「なぜそのようなシステムが必要なのか」をメールや電話、時には膝を突き合わせてヒアリングし、さらなる提案を行うことが求められます。多くの人と会い、話を聞きながら開発するという、コミュニケーションの機会が多いところもこの仕事の面白いところです。
入社3年目の時に、インドネシアの現地法人で使うシステム開発を行いました。苦労を重ねて開発したシステムが無事稼動したとき、言葉では表わせないほどのやりがいと達成感を感じました。一方で、現地スタッフの質問に対してうまく回答できなかった苦い思い出もあります。先輩に助けられながら、何とか使い方を説明することができたのも、今となっては自分を成長させた良い経験となっています。

サカタインクスの魅力を教えてください。

西畑 亮

普段何気なく生活する中で、新聞や雑誌、ダンボール、さまざまな商品パッケージなど、身近なところで当社のインキが多く使われていることです。自分の仕事が巡り巡って、社会に繋がっていることを考えるとやりがいを感じます。
また会社の雰囲気がとても良く、部署の方と仕事終わりにダーツバーに行ったり、休みの日には部署を超えて営業や工場の方たちとフットサルを楽しんだりしています。先輩や上司とも仲良く交流することができるのも当社の魅力です。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動では、時間が許す限りいろんな会社の説明を聞いて、自分が本当にしたい仕事は何かをぜひ見つけてください。そのひとつとして、会社の組織図があれば一度きちんと目を通してみてください。そうすると自分がどのような部署で働く可能性があるのかを知ることができ、説明会での質問などを通してより詳しく会社を理解することにも繋がりますから。
また、就職すると学生時代のような長期休暇はありませんので、在学中に海外旅行をすることもお勧めします。当社には海外法人も多くあり、仕事においても海外旅行の経験はきっと何らかの形でいかされると思います。

ある1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

9:00

9:00

出社。メールチェック
海外駐在員との連絡はメールが基本となります

10:00

10:00

開発中のシステムの進捗会議
社内チームで集まり、現状報告や進行方針を確認します

11:00

11:00

現地駐在員と電話でシステムの仕様を打合せ
ニーズを聞き取り、どのような方法があるかを提案します

12:00

12:00

近くの公園で弁当ランチ
外に出ることで気分をリフレッシュ!

13:00

13:00

午前中の打合せ内容を踏まえ、システム開発を行います

16:00

16:00

他部署の人から国内システムに関する質問を受け付けて、サポートします

18:00

18:00

事務処理後、帰宅