CLOSE
採用情報

社員紹介

できない理由を述べるのではなく、できるための努力こそが未来を開く。

現在の仕事内容を教えてください。

池田 賢太郎

新規分野の開拓をめざし、お菓子の袋やレジの袋などの印刷に使用される水性グラビアインキの研究・開発に携わっています。このインキは、環境に優しいというメリットがある反面、従来の溶剤性インキと比べ、色の再現性や発色性などが低いというデメリットがあり、市場ではまだあまり普及していません。そこで環境面、品質面の両方のメリットを実現できるインキの開発が待ち望まれています。
今は社内外でのテストを繰り返しながら、着実に一歩一歩製品化に向けて開発を進めている段階です。発色性だけでなく、印刷スピード、コスト面など、解決すべき課題はまだありますが、市場のニーズに応えられるよう改善に努めている毎日です。仕事に関しては上司から任されているところも多く、責任感も大いにある研究テーマだと思います。

仕事のやりがい、喜びを教えてください。

新しい分野ということもあり、やればやるだけ成果が出ることに面白さを感じています。思った結果が出ないことも多いのですが、その際はチームで話をしながら、「この成分を配合してみよう、粒経の大きいものを入れてみよう。」など、データを取りながら傾向が掴めてくるほどに達成感を得ることができます。
以前、開発中のインキを展示会に出品したのですが、その時にお客様から「うちの印刷機でも一度テストしてほしい」と声を掛けられ、提案を行う機会をいただいたことがありました。このように、若手ながらお客様のところを訪問することも多く、研究室だけでなく、印刷現場で直接声を聞きながら知識や経験を重ね、それを実験にいかせることも楽しいですね。
水性インキは時代が求めているこれからの分野。自分の研究・開発の結果が、印刷の新しい時代を切り開いていくのだと思うと大きなやりがいを感じます。

サカタインクスの魅力を教えてください。

池田 賢太郎

当社は100年を越える歴史と伝統を誇っており、研究を行う上でも信頼されることが多くあります。またさまざまな分野で高い目標を掲げており、例えば他のチームでは顔料分散体の研究など、業界においても最先端の研究を行っています。会社だけでなく自分自身も常に成長し続けることができるのが当社の魅力です。
また、中国やインド、欧米など、海外市場でも業務を展開しており、グローバルに活躍できる可能性も広がっています。自分の開発した製品が世界中で使われている姿を想像すると、夢もやる気も膨らみます。

学生の皆さんへのメッセージ

研究という仕事には、全ての結果や現象に「なぜ?」という発想が求められます。だからこそ学生時代においては研究内容だけではなく、「基本的な物事の考え方」をしっかりと磨いてください。また、仕事には先輩や上司、他部署の方やお客様など、多くの人と接する機会があるので、適切なコミュニケーション能力も必要です。
当社にはリラックスして話や仕事をできる環境がありますので、肩を張って自分を偽るのではなく、自然体でぜひ面接に挑んでみてください。肌で感じるものがあれば、きっと私たちと一緒に楽しく研究を行うことができると思います!

ある1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

8:30

8:30

出社
体操を行ったのち、メールチェックとスケジュールを確認

9:30

9:30

本日行う検討用の配合表を作成します

10:00

10:00

作成した配合表に基づき、検討用サンプルインキの作製スタート

12:00

12:00

工場内の食堂で、同期とお昼ご飯を食べながら頭の中をリフレッシュ!

13:00

13:00

作製したインキ使い、サンプル印刷を行います

15:00

15:00

サンプル印刷の物性評価を行い、時にはチームや上司と相談します

17:00

17:00

本日行った研究のデータを整理します

18:00

18:00

上司に研究結果を報告し、翌日のスケジュールの素案を立てます

19:00

19:00

退社