CLOSE
採用情報

社員紹介

何事も誠実にベストを尽くせば必ずチャンスはやってくる。

現在の仕事内容を教えてください。

藤原 直之

包装事業部に所属し、段ボールや6缶パックの紙ケース、百貨店で使われるショッピングバッグなどを中心とした紙のパッケージに印刷されるインキを販売しています。また、印刷に関連するコーティング剤や機材の取り扱いも行っています。一口にパッケージ用インキと言っても、コストや品質、性能などお客様の目的によって販売するインキの種類や特長は異なります。そのため、いかにお客様のところに足を運び、どのような問題やニーズがあるのかを聞き取った上で、本当に必要なものを考えて提案することが大切になります。
ニーズに応えるためには、インキだけでなく、例えば印刷された段ボールの汚れの原因となる紙粉を除去するシートといった資材を提案するなど、印刷現場を包括的に見据えた改善提案が必要です。印刷現場によって解決方法が全く異なることも、提案営業の面白いところだと思います。

仕事のやりがい、喜びを教えてください。

担当しているお客様の中に当社のシェアがほとんどないところがありました。まずは信頼関係を深めようと、新製品の紹介で伺ったり、「近くまで来たので」と用事をつくってはコミュニケーションの機会を増やすことを心掛けました。そのようなことを繰り返しているうちに「最近インキの使用量が多くて困っている」という悩みを聞き、提案の機会をいただくことができました。それ以来、上司、技術部門、研究部門と相談を重ねてインキ性能の改善方法を模索し、お客様の印刷工場を何度も訪問。インキの性能と印刷の操作性、2つの軸を見据えた改善提案によりインキの使用量を減らすことができ、当社のインキを採用していただきました。
これまでの努力が報われただけでなく、お客様も喜んでいただけたことにやりがいを感じています。

サカタインクスの魅力を教えてください。

藤原 直之

営業と言ってもただインキを売るのではなく、提案をベースに仕事をできるのが当社の営業の魅力です。いろんな部署と相談しながらアイデアを出し、企画や資料をつくることができるのも面白いところです。
職場はとても風通しが良く、ときには冗談を交わしながら仕事に取り組んでいます。自分の意見や考えを大切にしてくれる風土があり、何かあったときは誰かがすぐに助けてくれるチームワークの強さも頼もしく感じます。このような環境で働いていると自分の考えを持って積極的に行動することができ、やった分だけどんどん経験を積むことができます。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動はとても大変だと思いますが、ありのままの自分を見てもらい、それを受け止めてくれた会社こそ、いちばん自分に合っている会社だと思います。そのためにも、自分はどんなものに興味があるのか、そして将来どんな仕事をして、その先どうなりたいのかをまずはじっくり考えてください。
私はもともと新聞や本を読んだり、パッケージなどの印刷物も好きで、そうした業界に関わる仕事ができ、やりがいを感じています。ぜひみなさんも自分に合った就職先を見つけてください。それが当社であることを期待しています!

ある1日のスケジュール

ある1日のスケジュール

8:30

8:30

出社
メールチェック、事務処理などを行います

9:30

9:30

お客様訪問のための準備
主に車での移動となります

10:30

10:30

お客様を訪問。新製品のインキのテスト結果を報告
新製品への切り替えの了承などをいただきます

12:00

12:00

ランチ
お客様から教えてもらった地元のおいしい喫茶店のランチを食べます

13:30

13:30

2軒目のお客様訪問
印刷に必要な色をその場で調合する装置(インキ自動調合装置)の搬入と設置の打ち合わせ

16:00

16:00

帰社
1軒目のお客様から了承をいただいた新製品への切り替えの手順などを、技術部門と打ち合わせ

17:00

17:00

書類作成などの事務処理

19:00

19:00

帰宅