CLOSE
トップ株主・投資家の皆様へ投資家の皆様へはやわかり サカタインクス

はやわかり サカタインクス

当社の名前を聞いたことがある方は、あまり多くないかもしれません。しかし、実は当社の製品が、みなさまの毎日の生活に欠かせない多くの商品に使われています。ここでは サカタインクスについて,わかりやすくご説明いたします。

サカタインクスは何をしている会社?

紙やフィルムの印刷に使用するインキ(インク)を作っている会社です。

「インキ(インク)」と聞いて、ボールペンや万年筆などのインクを思い浮かべる方が多いかと思います。
しかし、当社が作っているのは、印刷に使うインキです。
私たちは「インク」ではなく、「インキ」と呼んでいます。
印刷インキは大きく分けて2つの用途があり、それぞれ要求される性能に応じて、
さまざまなタイプをそろえています。

1.紙に印刷して、情報を伝えるためのインキ(新聞インキ・オフセットインキ) 【使用例】
新聞、書籍、雑誌、カタログ、ポスター、
チラシ、伝票など

2.パッケージに印刷して、商品の情報を伝えるためのインキ(フレキソインキ・グラビアインキ・メタルインキ) 【使用例】
段ボール、ショッピングバック、さまざまな食品パッケージ
(おにぎりやパン、お菓子、冷凍食品、レトルト食品など)、
ペットボトルのラベル、ビールや清涼飲料水の缶など

印刷インキは、主に「顔料」、「ワニス(ビヒクル)」、「添加剤」などでできています。

使用用途によって、インキの材料構成は異なりますが、色を表現するための「顔料」、材料を分散させて、
紙やフィルムに接着させるための「ワニス(ビヒクル)」、インキにさまざまな機能を持たせる「添加剤」に
大別されます。これらの材料をできるだけ細かくし、均一に分散させることでインキができあがります。

「顔料」 無機顔料、有機顔料など

「ワニス(ビヒクル)」 合成樹脂、天然樹脂、油脂類、溶剤など

「添加剤」 乾燥性や流動性、インキ皮膜の耐性などを持たせるための
さまざまな材料

印刷インキの開発・製造技術を応用して、従来とは異なる分野にも展開しています。

インキの製造には、材料を混ぜ合わせ、微細化し、均一に安定した状態を保つ技術が求められます。
これらの基盤技術を応用して新たな分野にも展開しています。

1.産業用インクジェットインキ 【使用例】
ビルの看板、駅や地下道にある交通広告、電車やバスの
ラッピング広告など

2.カラーフィルタ用顔料分散液 TVモニターやスマートフォンに使われる
液晶ディスプレイを構成するカラーフィルタの材料のひとつ

3.各種機能性コーティング剤 紙やフィルムの表面に塗工することで、さまざまな機能を持たせるコーティング剤
(酸素を通さない、光を反射しにくくする、傷がつきにくいなど)

step2 市場環境は? step3 サカタインクスの強みは?