CLOSE
サカタインクスについて

新機能性材料

ポリシロキサン材料

ゾルゲル技術を応用したポリシロキサン材料です。高い耐熱性、電気絶縁性、透明性を有する被膜を形成、柔軟な膜から高硬度のハードコート膜まで用途に応じた組成設計が可能です。製品一覧のような製品のご提供も可能ですが、ポリマーのみのご提供も可能です。
ポリシロキサン材料のカタログ

透明絶縁材料

タッチパネル用透明絶縁材料です。従来のリソグラフィーでは絶縁膜のパターニングに必要なフォトレジストの塗布・エッチング・剥離が不要な材料で、絶縁膜のダイレクトパターニング適性により、製膜プロセスの大幅な工程削減やコスト削減が可能です。現像液は2.38%TMAHのみで、それ以外の現像液(KOH、炭酸ナトリウムなど)では現像できません。
透明絶縁材料のカタログ

高屈折材料・低屈折材料

ゾルゲル技術を応用した高屈折材料、低屈折材料です。高屈折材料は、用途、硬化方式に合わせた屈折率調整が可能です。低屈折材料は、低屈折率以外に反射防止性、超親水性、耐久性を有します。
高屈折材料・低屈折材料のカタログ

非塩素系ガスバリア性コーティング剤

グラビア印刷機、コーターにてフィルムへの印刷が可能なバリア性コーティング剤です。ハイバリア型は、EVOH系樹脂と板状フィラーによるナノコンポジットタイプです。溶媒系は水とアルコールです。プラスチックなどに塗布する場合はプライマーが必要です。塗布後に硬化反応はありませんが、印刷機上で乾燥温度80℃程度にて十分乾燥させる必要があります。
塗膜強度向上型は、VA系樹脂とシロキサンポリマーによるハイブリッドタイプです。いずれもバリア性レベルは食品包装材料用途です。溶媒系は水とアルコールです。塗布後は硬化反応があり、60℃1日程度のエージングが必要です。ナイロンフィルムにはノンアンカーコートで接着します。
非塩素系ガスバリア性コーティング剤のカタログ

カーボンナノチューブ分散体

カーボンナノチューブ(CNT)の構造を利用した黒色材料で、塗料用に特化しております。当社で使用しているCNTは多層構造で、一般的なカーボンブラックと比べて深みのある漆黒性と青味の黒色が特長です。用途に応じてCNT種、溶剤種、樹脂種のアレンジが可能です。
カーボンナノチューブ分散体のカタログ

電気泳動型顔料分散体

新規顔料分散技術により粒子径を制御した真球状顔料分散体です。帯電性制御(正帯電・負帯電)により良好な電気泳動性を有します。用途例としては、液体現像剤、電子ペーパーなどの画像表示材料です。
電気泳動型顔料分散体のカタログ

お問い合わせ
第三研究部

TEL 072-785-7707 / FAX 072-785-7734

お問い合わせ