CLOSE
植物由来成分を含有する環境配慮型グラビア・フレキソインキ ボタニカルインキ サカタインクスについて 株主・投資家の皆様へ 採用情報 環境・品質・安全衛生への取り組み 製商品情報 はやわかりサカタインクス 個人情報保護方針 サカタインクスについて 株主・投資家の皆様へ 採用情報 環境・品質・安全衛生への取り組み
製商品情報 はやわかりサカタインクス
トップボタニカルインキ

植物由来成分を含有する環境配慮型グラビア・フレキソインキ ボタニカルインキ

近年、環境保全を目的とした規制は一段と厳しくなり、環境負荷の低減が大きな課題となっています。同時に消費者の環境保全意識も高まり、商品購入意欲の一要因にもなっています。さらに、印刷業界においても、印刷基材や印刷インキなど材料全般において、環境対応を意識した製品が増えてきています。なかでも、バイオマス(再生可能な有機資源由来の物質)を利用した材料は、化石資源の節約や地球温暖化防止(二酸化炭素排出量の削減)の観点から、特に注目されています。
当社は、このような市場動向に対して脱化石資源の検討を進め、植物由来成分からなる材料を積極的に使用したインキを『ボタニカルインキ』と呼称するとともに、そのインキを使用した印刷物に明示する『ボタニカルインキマーク』の普及に努めています。

◆ボタニカルインキとは

バイオマスとは、「バイオ=生物資源」「マス=量」を示し、再生可能な有機性資源で化石資源を除くものを意味しており、動物由来と植物由来に大別されます。有機性資源を使用することにより、化石資源の節約や地球温暖化防止(二酸化炭素排出量の削減)に効果があります。
特に、二酸化炭素排出量の削減に効果があるとされる植物由来の材料としては、さまざまな植物から得ることができますが、一例としては樹木、種子、米ぬかなどが挙げられます(図参照)。 当社はこういった植物由来の材料を使用し、インキ固形分中に一定割合以上の植物由来成分を含む製品について「ボタニカルインキ」と称し、その名称およびマークについて登録商標を取得しています。
ボタニカルという言葉は、「植物の」という意味を持ち、洋服のプリント柄、シャンプー、飲食品などのさまざまなビジネスエリアで浸透してきており、一般消費者にも馴染みのある言葉となっています。
*)「ボタニカルインキ」と称してロゴマークが付与できる要件として、固形分中の植物由来成分度(ボタニカル度)を10%以上としています。

◆ボタニカルインキ製品一覧

  インキタイプ
 表刷り用溶剤性グラビアインキ  サピリア ポリウレタン型
 NT-2000 ポリアミド型
 ロトビオ ポリアミド型
 XGS-1701 ポリアミド型
 XGS-3702 ポリアミド型
 XGS-8802 ポリアミド型
 裏刷りラミネート用溶剤性グラビアインキ  ベルフローラ ポリウレタン型
 紙用溶剤性グラビアインキ  グラトーンPCN 硝化綿型
 表刷り用溶剤性フレキソインキ  XA-55 ポリアミド型
 XFS-2014 ポリウレタン型

◆ボタニカルインキマークについて

「ボタニカルインキ」の名称およびロゴマークは商標登録されており、「ボタニカルインキ」を使用している印刷物にはロゴマークの付与が可能です。 ご使用を希望される場合は、以下のリンク先からマーク・名称に関する使用手引および使用申込書をダウンロードしてください。内容をご確認いただいたうえで、必要事項をご記入いただき、当社にご提出ください。

マーク・名称に関する使用手引【PDF】
使用申込書【PDF】【エクセル】

(商標登録番号)
第5835544号・第5835545号・第5835546号・第5845673号
第5845674号・第5845675号・第5845676

※ライスインキについて

植物由来成分の中でも、特に米ぬか由来成分を一定割合以上含有し、ライスインキ・コンソーシアムに申請・登録されたものを「ライスインキ」と称しております(右図参照)。使用印刷物には、ライスインキのロゴマークを付与することが可能です。

ライスインキ製品一覧

  インキタイプ
 裏刷りラミネート用溶剤性グラビアインキ  ブランパック ポリウレタン型
 表刷り用溶剤性グラビアインキ  ロトビオ ポリアミド型

※ライスインキマークの使用については、ライスインキ・コンソーシアムのホームページをご参照ください。

お問い合わせ
グラビア事業部

【東京】TEL 04-7127-2231 / FAX 04-7129-9684
【大阪】TEL 06-6447-5867 / FAX 06-6447-5839

お問い合わせ