CLOSE
環境・品質・安全衛生への取り組み

環境基本理念、環境基本方針

環境経営の推進を目的として、環境に関する全社的な基本方針を2002年6月に策定しました。

環境基本理念

サカタインクスイメージ

サカタインクスは地球環境の保護を最重要経営課題と認識し、企業活動において、環境に配慮した取り組みを継続的に推進する。

環境基本方針

  1. 全社員は、地球環境の保護を最重要課題と認識し、行動する。
  2. 環境関係の法規、条例および協定などを順守する。
  3. 省エネルギ−、廃棄物の減量化などにより環境負荷の削減に努める。
  4. 環境に配慮した製・商品の開発に努める。
  5. 環境目的・目標を定め、実施し、定期的な見直しにより環境の保護に努める。

2030年に向けた環境目標(長期ビジョン2030)

2030年に向けた環境目標(長期ビジョン2030)

  1. 環境配慮型製品比率の向上

    インキ固形分中に植物由来成分を10%以上含有したボタニカルインキなどにより、CO2の排出抑制に貢献していく。
    また、ボタニカル度(植物由来成分の含有率)の向上に向けて、研究開発を推進していく。

  2. 生産活動における環境負荷低減の推進

    TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に賛同し、生産活動において、気候変動の大きな原因となっている温室効果ガスを2030年までに30%削減*していく。

    *日本国内のSCOPE1&2における2013年度比