責任あるサプライチェーン体制の構築に向けて

Construction of a Responsible Supply Chain Structure

方針・基本的な考え方

当社は調達先の皆さまとの相互信頼を築いて共存共栄し、持続可能な社会を実現するために、調達活動の指針や考え方となる「サカタインクスグループ 調達基本方針」、ならびに調達活動・事業活動における共通の配慮事項をまとめた「サカタインクスグループ 調達ガイドライン」を定めています。
本方針において、当社の調達先の皆さまを、より良い製品・商品・サービスをお客さまに提供するための大切なパートナーと位置づけ、公正・公平で誠実な調達活動を通じて、サプライチェーン全体に関わる地球環境の保護・保全や資源保護、労働安全衛生、人権などに配慮することで、企業としての社会的責任を果たしていくこととしています。

サプライチェーンにおけるデュー・ディリジェンスの実施

当社は、サプライヤーと一体となって責任ある調達活動を推進するために、国内の購入数量ベースで90%にあたる原材料サプライヤーを対象とした、サプライチェーンにおけるデュー・ディリジェンスの実施を進めています。その際に行っているCSR調達アンケートでは「調達基本方針」と「調達ガイドライン」を配布し、既読状況を確認しています。

当社の調達ガイドラインは27項目あり、法令遵守、消費者保護、環境保護、労働環境・人権尊重、地域社会との共生や不適切な利益供与・汚職・腐敗の防止など誠実な事業活動を実施することとしています。
また、環境への配慮として、エネルギー消費量の削減や温室効果ガス排出量の目標設定、節水および適切な排水処理、3Rの推進による廃棄物量の削減などにも取り組むよう定めており、サプライチェーン全体で社会課題解決に向けた活動に取り組むことをサプライヤーに推奨しています。

なお、サプライヤーの状況確認のほか、CSR調達アンケートの回答をもとに、特定のサプライヤーとの改善を目的とした面談・対話も行い、必要に応じてサプライヤーに対する訪問監査を実施しています(2022年度実績:4社)。
これらの結果や進捗状況は、半期に一度開催されるサステナビリティ委員会で報告するなどして管理しています。

今後もCSR調達アンケートを実施し、各社との改善に向けた対話や支援を継続して行ってまいります。

賛同・支持するイニシアティブ、参画団体

Sedexへの入会

2022年2月に、グローバルサプライチェーンにおいて、倫理的かつ責任ある事業慣行に関した情報を共有するための、プラットフォームを提供する会員制組織である「Sedex」に入会しました。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのサプライチェーン分科会への参画

2022年2月に、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」に署名し「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン (GCNJ)」に加入しました。GCNJでは会員企業・団体が主体となり、テーマ別の分科会活動を行っています。
当社はサプライチェーン分科会にも参加し、サステナブルな調達の推進に向けた活動に取り組んでいます。

パートナーシップ構築宣言への賛同

2022年2月に、サプライチェーン全体の共存共栄に向けて、規模・系列等を越えた新たな連携や親事業者と下請事業者との望ましい取引慣行の遵守について宣言する「パートナーシップ構築宣言」への賛同を表明しました。

相談・通報窓口

調達などの取引に関連して、当社の関係者が、調達基本方針や調達ガイドラインに違反、もしくはその疑いがある場合、下記お問い合わせより通報をお願いします。
ご入力いただいた個人情報は厳重に管理し、ご本人へのお問い合わせおよび返信以外には利用しません。

メールでのお問い合わせ